<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

新石垣空港の展望デッキ

3月3日の新石垣空港内覧会では展望デッキも公開されていたので、こちらもお伝えしましょう。
b0032140_21472659.jpg

展望デッキより、滑走路04エンド方向を眺める。
橋桁のように見えるのは着陸進入灯。

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2013-03-04 21:52 | 石垣  

新石垣空港 内覧会

いよいよ2013年3月7日に開港が迫ってきた新石垣空港。
3月2日には開校記念式典が開催。数多くの来賓が来島しました。
そして、開港の直前の日曜日となる3月3日に一般市民向けの内覧会が開催されましたので、一足お先に新石垣空港をご案内したいと思います。
b0032140_20223694.jpg

駐車場から見たエントランス方面。
従来の石垣空港の駐車場よりも広く、駐車可能台数も多くなっていますが、新空港の駐車場は有料化されました。

空港←→市街地へのアクセスは車でおよそ15分~20分。
タクシーだと2500~3000円になりそう。(タクシー運転手さん談)
路線バスがアクセスのメインになるのではないかと思われます。

ターミナル建屋
b0032140_20305762.jpg
最近できた他のローカル空港だとターミナル前面が曲線で構成されている建物が多いですが、新空港の建物は直線で構成されているのが特徴。
奥がJAL,JTA,RACのエリア、手前がANAのエリアとなります。


b0032140_20384093.jpg
こちらの写真はターミナル建屋から出てすぐの場面。
駐車場を挟んで海が見えます!
到着してすぐに碧い海と青い空が訪れた人たちを歓迎してくれそうです。
この日はあいにくの曇り空で、海の色も空の色も灰色でした。



出発
チェックイン、手荷物預けは1Fの航空会社カウンターで行った後は、2Fの保安検査場へ進みます。
保安検査場通過後、飛行機登場まで過ごす待合室も従来の石垣空港より遥かに広くなりました。(旧空港だと、搭乗客が待合室に入れ切れないほど狭かった)
b0032140_2045725.jpgANA側の保安検査場
A,B,Cと3つもレーンがある
X線検査装置や金属探知ゲートもまだ搬入されていない。
SKIP端末から伸びた電源ケーブルやLANケーブルがどのように処理されるのか気になります。

b0032140_20453234.jpg
内覧会に合わせて、搭乗ゲートの頭上にある案内モニターは電源が入っていました。

b0032140_20454669.jpg
これだけ広ければ出発機が重なっても大丈夫かも。



到着
新石垣に到着した乗客は手荷物をターンテーブルで引取り、この1F到着ロビーから出てくることになります。
出迎えの人なども集まり相当混雑する場所ですが、到着ロビーはかなり広いスペースが取られています。(3/2の開港記念式典では1000名が入ったほど広い!)
2Fまで吹き抜けになっており、空間自体が大変広くなっています。
採光も非常に良く、日差し降り注ぐ明るいスペースになりそうです。
(旧空港は天井が低く、採光もイマイチだった)
b0032140_20595376.jpg



b0032140_2122757.jpg
2F保安検査場より見下ろした到着ロビー、メインエントランス。
内覧会の行われたこの日は三線の演奏会イベントが行われていました。


b0032140_21675.jpg
到着ロビーを横から眺める。
奥に見えるのはカフェエリアのテーブル。


b0032140_218473.jpg
新石垣空港に就航予定のピーチ・アビエーション井上CEOからのお祝いも届いていました。



ショップ・カフェ
1F到着ロビー・メインエントランスの両側にはお土産物を販売するショップ、軽食が摂れるカフェ・カフェテリアのエリアが広がっています。
一番の目玉?は、石垣島に初出店となるスターバックスコーヒーでしょうか。(間違いなく日本最南端のスタバ)石垣島限定のタンブラーなどに期待です。
b0032140_21161962.jpg

b0032140_21171537.jpg
到着ロビーに現れた石垣牛のお店。
これはもはや食べ物テロ!香りに釣られてついつい求めてしまいそう。


b0032140_21193267.jpg
お土産物ショップの什器類、ショーケースはカバーが掛けられ、開港を待っていました。
旧空港にも出店していた「ことぶき」などのお店の看板も確認できました。



3月7日開港当日の混雑を避けるため前倒しで開催された記念式典と内覧会ですが、非常にいいアイデアだったと思います。もし事前にこういった見学会が無ければ、開港日は見学に訪れる住民の方やマスコミなどでごった返すこと確実です。そこで搭乗客に影響が出てしまっては問題です。

八重山の新しい玄関口となる新空港で、訪れるゲストを最初に歓迎する場所になることは間違いないでしょう。おーりとーり!石垣!(英語でWelcome 本島では「めんそーれ」の石垣方言)
[PR]

by h_o_u | 2013-03-04 21:35 | 石垣  

那覇空港の空弁「大東寿司」と八丈島空港の空弁「島ずし」の関係性

b0032140_21123757.jpg

左は那覇空港の空弁「大東寿司」
右は八丈島空港の空弁「島ずし」

大東寿司は大東諸島の名物、島ずしは八丈島の名物。
約1100キロ離れた島同士に意外な関係性がありました。
まず中身を見てみたいと思います。
b0032140_21181957.jpg

どちらのお寿司も非常によく似ています。
刺身を醤油漬けにしているのが両者の特徴です。
お店によってネタの魚は異なりますが、この大東寿司はサワラ、島ずしはメダイでした。
微妙な違いがあり、大東寿司はワサビ、島ずしはカラシがネタとシャリの間にあります。
(島ずしの黒いネタは岩のり)

歴史を紐解くと、大東諸島は八丈島から移住してきた人たちによって開拓されました。
それに伴い、料理(ヅケにした寿司)も大東島に移ってきたのだと思われます。
島ずしのほかにも、大東島の郷土芸能「大東太鼓」も八丈島の「八丈太鼓」に由来がありそうです。
このあたりは、是非大東へ行って確かめたいところです。

大東寿司 那覇空港 制限エリア内JALUX売店、ANA FESTA売店で販売
島ずし 八丈島空港 制限エリア外1Fレストラン「アカコッコ」で販売
[PR]

by h_o_u | 2013-03-01 21:36 | 那覇