カテゴリ:ワシントンDC( 6 )

 

NASM(6)

b0032140_23135959.jpg


2009.02 スミソニアン航空宇宙博物館新館
エアバスA330/340 主脚

現役の飛行機パーツまで展示しているのは驚きました。
博物館に置いてあるのは、たいてい引退した飛行機のものですよね。
けれども、スミソニアンは違う!

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-04-21 23:24 | ワシントンDC  

NASM(5)

b0032140_17513074.jpg

2009.02
ユンカース Ju52/3m

久しぶりにスミソニアンネタから。今回は旧めの旅客機を載せてみます。


Ju-52/3m。1932年、ドイツ生まれの旅客機です。
今もスイス・チューリッヒ近郊のデューベンドルフで観光飛行で使ってるんですよ。
(運行している会社は、Ju-Airという会社)

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-04-19 18:09 | ワシントンDC  

NASM(4)

b0032140_23192370.jpg

2009.02 UHC
ボーイング B-29 爆撃機 エノラゲイ

1945年8月6日、広島に原子爆弾を投下した「エノラゲイ号」
日本人としてはこれを見ずには帰れない。

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-03-20 23:36 | ワシントンDC  

NASM(3)

b0032140_22503691.jpg

2009.02 ウドバーヘイジーセンター(UHC)
グラマン F6F ヘルキャット

第3回目は、第二次大戦中のアメリカの航空機を載せていきます。
グラマンF6といえば、日本本土に機銃掃射や爆撃を仕掛けてきた艦載機。
恐ろしいイメージが多いです。

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-03-17 23:06 | ワシントンDC  

NASM(2)

b0032140_0455186.jpg

2009.02 ウドバーヘイジーセンター
川西航空機 局地戦闘機 紫電改

米軍側のコードネームは「ジョージ」
紫電改があるなら、疾風も展示して欲しいな。

今回は第二次大戦中の日本の航空機をご紹介します。

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-03-15 01:27 | ワシントンDC  

NASM(1)

b0032140_023055.jpg

2009.02
スミソニアン航空宇宙博物館新館(スティーブン・F・ウドバー・ヘイジー・センター)
エールフランス コンコルド F-BVFA

2月にワシントンDCに行ってきたので、その写真をぼちぼちとアップしていきます。
コンコルド、大きすぎてフレームに入らない。。。(画角は24mm)

NASMとは、、、Smithsonian National Air and Space Museumの略。
多数の博物館を擁するスミソニアン博物館群の一つです。

続きを読む
[PR]

by h_o_u | 2009-03-13 00:18 | ワシントンDC