那覇空港の空弁「大東寿司」と八丈島空港の空弁「島ずし」の関係性

b0032140_21123757.jpg

左は那覇空港の空弁「大東寿司」
右は八丈島空港の空弁「島ずし」

大東寿司は大東諸島の名物、島ずしは八丈島の名物。
約1100キロ離れた島同士に意外な関係性がありました。
まず中身を見てみたいと思います。
b0032140_21181957.jpg

どちらのお寿司も非常によく似ています。
刺身を醤油漬けにしているのが両者の特徴です。
お店によってネタの魚は異なりますが、この大東寿司はサワラ、島ずしはメダイでした。
微妙な違いがあり、大東寿司はワサビ、島ずしはカラシがネタとシャリの間にあります。
(島ずしの黒いネタは岩のり)

歴史を紐解くと、大東諸島は八丈島から移住してきた人たちによって開拓されました。
それに伴い、料理(ヅケにした寿司)も大東島に移ってきたのだと思われます。
島ずしのほかにも、大東島の郷土芸能「大東太鼓」も八丈島の「八丈太鼓」に由来がありそうです。
このあたりは、是非大東へ行って確かめたいところです。

大東寿司 那覇空港 制限エリア内JALUX売店、ANA FESTA売店で販売
島ずし 八丈島空港 制限エリア外1Fレストラン「アカコッコ」で販売
[PR]

by h_o_u | 2013-03-01 21:36 | 那覇  

<< 新石垣空港 内覧会 [2013]新千歳空港で朝食を >>