ボンバルディア機、緊急着陸

b0032140_2283853.jpg

2008.12.23 大阪空港 展望デッキより
ANA DHC-8-400 JA844A

たまたま、伊丹の展望デッキに居たのですが、
航空局の消防車が何台も出動してきたので、訓練?と思ったのですが、
エマージェンシーランディングでした。

<全日空機、警告ランプ点灯で大阪空港に引き返す>
23日午後4時40分頃、鳥取県米子市上空を飛行中の大阪空港発石見空港(島根県)行き全日空1651便(ボンバルディアDHC8-402型、乗客・乗員34人)で、右プロペラエンジンの回転数の異常を示す警告ランプが点灯したため、操縦士が右エンジンを止めた。(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081223-OYT1T00399.htm?from=navr


片発停止だった模様。
撮った写真を見ると、確かに右プロペラが止まってます。



b0032140_22132670.jpg

汚い写真でスミマセン。
ISO1600で限界に挑んだ結果がこれだよ。

b0032140_22174666.jpg

消防車が出動してきたのは、16:50ごろ。
消防署(航空局の消防部署ですが)前と、32Lのエンド近く、真ん中に別れて待機していました。
真ん中の縦線は、B777の垂直尾翼がカブってしまいました。

ダッシュ8が緊急着陸してきたのは、17:15ごろ。
通常、ダッシュ8は32R(A滑走路)を使用するのですが、
緊急着陸では、消防車が待機しやすい32L(B滑走路)を使うようです。
ダッシュ8は、片発停止とは思えないようなスムーズなランディングで降りてきました。
大ごとにはならなかったのですが消防車が1台、ダッシュ8の後を追いかけてスポットまで付いていきました。
b0032140_22244695.jpg


ダッシュ8は何食わぬ顔でいつものスポットに到着。
後ろで消防車が見守っていました。(17:25ごろ)
b0032140_2227240.jpg


到着ロビーには、カメラマンやTV局のクルーが集まっていて、
石見行きの乗客のインタビューを撮ろうとしていましたが、
どうやら到着ロビーには乗客が出てこず、振替便で石見に飛んでいった模様。
おそらく、連絡バスにいったん乗り移ってもらって待機、代替機に搭乗したと思う。
去年、高知に行ったとき同じような経験をしました。(離陸前で引き返した)

この緊急着陸の影響で、17:00発のANA東京行きが、プッシュバックはしたものの、
滑走路へのタキシング許可が下りず、5分ほど待機させられていました。

米子上空でエンジンに異常発生であれば、石見に降りた方が近くて早いと思いますが、
伊丹のほうが整備環境が整っているからなのと、伊丹に代替機があったからでしょうね。
[PR]

by h_o_u | 2008-12-23 22:33 | 伊丹  

<< V2 安全離陸速度 空港のクリスマスツリー@新千歳 >>